鷺の湯 | 日本温泉協会

鷺の湯

島根県 鷺の湯(さぎのゆ)

島根県安来市

鷺の湯概要

美しい自然と美術のいで湯のさと

 さぎの湯温泉は中海に流れ込む飯梨川の左岸に湧き出る温泉である。泉温は40~60℃の含弱放射能・ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉であり、神経痛、皮膚病、創傷などに効果があるとされている。
 温泉地名の由来は、神亀年間(724~729年)の頃、白鷺がこの地に舞い降り、湧きだしていた湯で足の傷を癒したという伝説による。この一帯は今でも飯梨川に沿って広がる田園地帯で、静かな佇まいをみせている。また、飯梨川のやや上流には富田城趾を望むこともできる。
 戦国時代に、富田城を本拠としていた尼子氏の全盛期には「御殿湯」として賑わいをみせていたが、その後、飯梨川の洪水のため温泉の所在が不明となっていた。これが明治42(1909)年に再発見され、今日では県内外からたくさんの人々が訪れる。温泉地一帯は清水月山県立自然公園に指定されている。
 温泉地内には、足立美術館があり、近代日本画を主体とし、横山大観・榊原紫峰・豊岡鉄斎・竹内栖鳳・橋本関雪などの有名作家の絵画が、また、安来市出身の陶芸家河井寛次郎の作品も多数展示されている。美術館の13,000坪の日本庭園は周囲の風景と調和して、四季折々の素晴らしい風情の移ろいは訪れる人々の心を静かに癒してくれる。
 また、安来節演芸館では本場の「民謡・安来節」の唄と踊りを毎日公演。安来産どじょうを使った料理の楽しめる食事処もある。

鷺の湯の写真ギャラリー

  • さぎの湯温泉の温泉街
    さぎの湯温泉の温泉街
  • さぎの湯温泉の露天風呂
    さぎの湯温泉の露天風呂
  • 足立美術館庭園
    足立美術館庭園

鷺の湯の見どころ

足立美術館(横山大観をはじめ近代日本画の数々と13,000坪の大庭園を擁する)、安来節演芸館(民謡安来節の常設講演)。

鷺の湯へのアクセス

JR山陰本線安来駅よりバスで20分。

MAP 

鷺の湯の泉質・適応症

泉質

塩化物泉

適応症

きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、筋肉、関節の慢性的痛み、こわばり、軽い喘息・肺気腫、痔の痛み、運動麻痺による筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、自律神経不安定症やストレスによる諸症状、耐糖能異常、軽い高コレステロール血症、病後回復期、疲労回復、健康増進

宿泊施設数と温泉地全体の収容力

4軒/190人

鷺の湯に関する問い合わせ先

さぎの湯温泉観光協会(さぎの湯荘)
0854-28-6211
ホームページ
安来市商工観光課
0854-23-3110
ホームページ
  • おすすめの宿
  • スパテック(株)
  • 伊豆奥下田 観音温泉
  • 風呂空いてる君
  • 世界最強レベルの空気清浄機

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • ONSEN+
  • チーム 新・湯治
  • 地熱発電特集
  • 下呂温泉観光協会
  • 湯原町観光協会
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本温泉名人認定試験 温泉検定テキスト
  • 日本温泉協会 会員企業
  • みんたび 観光パンフレットはこちらから
  • 株式会社 日阪製作所
  • Datsumo Park
  • バナー広告募集中 日本温泉協会 詳細はこちら