白骨 | 日本温泉協会

白骨

長野県 白骨(しらほね)

長野県松本市

白骨概要

変幻する白骨の湯

山深い谷間に、静寂と豊富な出湯を満たす名湯「白骨」。その歴史は深く、鎌倉時代には既に湧出し、数百年の歴史が流れると伝わる。
 白骨温泉には、透明な湯と白濁した湯があり、湧き出したときには透明な湯が、時間がたつと白くなる。これは、硫化水素とカルシウムの2つの成分が空気に触れて白く濁る現象が起こるため。とはいえ、源泉や四季の違いにより今日も、さまざまな湯の表情を魅せてくれるのが白骨の湯。
 また、古来より霊泉的効能を慕われた湯は、胃腸病に特に効能を持ち、そのためかいつしか「三日入れば三年風邪をひかない」とも伝わり、飲湯もできることから湯で炊いた「温泉がゆ」も白骨ならではの“味”となっている。
 現在、宿泊施設は11軒。木や岩を生かした内風呂に季節の彩りをうつす露天風呂。特に秋の露天風呂はすばらしい。というのも、10月はじめ山の頂上から紅葉がはじまり、中旬から下旬にかけて中腹、麓へと錦の織物をひろげたように色を移す。ブナ、ミズナラ、カツラなどが多く、全山燃えるような紅葉は実にあざやかだ。このように、ゆたかな自然と長い歴史をもつ渓谷のいで湯、白骨温泉。自然と調和した宿がたたずみ、ほのぼのとしたぬくもり、素朴さをもつ秘湯の世界がある。
 隧通(ついとお)しとは、湯川の流れが石灰岩を侵食してできた自然のトンネル。バス停の下が長さ20m、高さ6mの洞門となっていて、遊歩道を下るとつり橋があり、そこから隧通しが見える。渓谷の新緑や紅葉との調和はすばらしい。

白骨の写真ギャラリー

  • 竜神の滝
    竜神の滝
  • 白骨温泉公共野天風呂(春)
    白骨温泉公共野天風呂(春)
  • 隧通し
    隧通し

白骨の見どころ

中里介山の文学碑、竜神の滝、隧通し。

白骨へのアクセス

松本電鉄新島々駅よりバスで約55分。

MAP 

白骨の泉質・適応症

泉質

硫黄泉

適応症

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症、筋肉、関節の慢性的痛み、こわばり、軽い喘息・肺気腫、痔の痛み、運動麻痺による筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、自律神経不安定症やストレスによる諸症状、耐糖能異常、軽い高コレステロール血症、病後回復期、疲労回復、健康増進

宿泊施設数と温泉地全体の収容力

11軒/1200人

白骨に関する問い合わせ先

アルプス観光協会
0263-94-2221
白骨温泉案内所
0263-93-3251
ホームページ
松本市
ホームページ
  • おすすめの宿
  • スパテック(株)

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • ONSEN+
  • チーム 新・湯治
  • 格安ルスツ・札幌の旅
  • 地熱発電特集
  • 天栄村観光協会
  • 下呂温泉観光協会
  • 皆生温泉旅館組合
  • 湯原町観光協会
  • 日本秘湯を守る会
  • 第一回日本温泉名人認定試験温泉検定
  • 日本温泉協会 会員企業
  • みんたび 観光パンフレットはこちらから
  • バナー広告募集中 日本温泉協会 詳細はこちら