温泉排水の暫定基準の一部が7月1日から変更になります。 | 日本温泉協会

温泉排水の暫定基準の一部が7月1日から変更になります。

温泉排水の暫定基準の一部が7月1日から変更になります。

2013年6月11日 公開

温泉排水基準に関するお知らせ

温泉の排水基準について、ホウ素・フッ素に関する現在の暫定基準が今年の6月30日で期限を迎えます。
このたび、6月10日付で排水基準を定める省令の一部を改正する省令が交付されました。

ホウ素に関しては現状の暫定基準(500㎎/リットル)と変更はありません。
フッ素に関しては一部変更され、自然湧出源泉を利用している施設は現状維持(50㎎/リットル)、掘削泉を利用している施設は(30㎎/リットル)となります。

この基準は今年7月1日から施行されます。

詳細につきましては「官報」をご覧ください.

  • おすすめの宿
  • スパテック(株)

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • ONSEN+
  • チーム 新・湯治
  • かんぽの宿
  • 地熱発電特集
  • 下呂温泉観光協会
  • 皆生温泉旅館組合
  • 湯原町観光協会
  • 日本秘湯を守る会
  • 第一回日本温泉名人認定試験温泉検定
  • 日本温泉名人認定試験 温泉検定テキスト
  • 日本温泉協会 会員企業
  • みんたび 観光パンフレットはこちらから
  • バナー広告募集中 日本温泉協会 詳細はこちら