貴州双龍空港経済区温泉観光事業訪問団が来訪 | 日本温泉協会

貴州双龍空港経済区温泉観光事業訪問団が来訪

貴州双龍空港経済区温泉観光事業訪問団が来訪

2017年3月16日 公開

平成29年3月14日(火)、中国南部の貴州省(人口約4,000万人)から、貴州双龍空港経済区温泉観光事業訪問団12名と日中協会2名との14名が日本温泉協会に来訪されました。

湯輝・貴州双龍航空港経済区管委会副主任を団長とした訪問団は、日本の温泉地区開発・事業に関する研修視察を目的として来日、その一環で当協会に訪問されました。当協会からは大山正雄会長、笹本森雄副会長(行事担当委員長)、荒井事務局長が出迎えました。1時間半という限られた時間でしたが、日本の温泉の歴史・分布・特徴などに加え、当協会の沿革、事業概要、および直面している諸課題(温泉保護と地熱発電開発や温泉保養地の推進など)について、大山会長と笹本副会長が説明しました。
訪問団からは経営や経済などの質問もあり、活発な質疑応答がなされ、熱い時間でした。
大山会長は、かつて日本では温泉を「湯(ゆ)」、例えば草津の湯、箱根の湯と言っていましたが、今日では中国から伝来した「温泉」が一般的に使われている。日中は温泉でも結びついており、お互いに交流を行いましょうと述べられました。
最後に当協会から温泉マークについて尋ねたところ、説明されれば人が入っているISOのマークは分かり易いが、従来からの日本の温泉マーク(♨)には「和風」を感じると述べられていました。なお、中国には温泉を表すマークはないとのことでした。

  • おすすめの宿

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • 地熱発電特集
  • 天栄村観光協会
  • 下呂温泉観光協会
  • 皆生温泉旅館組合
  • 湯原町観光協会
  • 別府市温泉課
  • 日本秘湯を守る会

page top