南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺 | 日本温泉協会

南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺

熊本県 南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺(みなみおぐにおんせんきょう-くろかわ・たのはる・まんがんじ)

熊本県阿蘇郡南小国町

南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺概要

全国屈指のお湯どころ。阿蘇の裾野の「きよらの郷」

 筑後川の最上流、阿蘇郡の北部に位置する南小国町は、阿蘇外輪と九重連山の裾野にあたる高原地にあり、清らかな人と環境づくりを目標に「きよらの郷」をスローガンに掲げ、温泉地で使う石けんやシャンプーなど、環境に与える影響にも気を配っている。
 今や全国的に有名になった黒川温泉は、ユニークな「入湯手形」(1枚1200円)で3ヶ所の露天風呂を楽しむことができる。各旅館自慢の趣向あふれる自然に囲まれた露天風呂の風情は豊か。開湯伝説にまつわる地蔵湯や穴湯などの共同浴場もある。日本の名湯・秘湯百選に選ばれていて、阿蘇くじゅう国立公園、瀬ノ本高原にも近く環境は抜群。
 黒川のお隣り田の原温泉は、300年前から湯治場として知られており、泉源は熱湯を噴出し、沸かし直すことなく浴場に供給されている。映画「寅さん」シリーズでロケが行われたところでもある。
 満願寺温泉は、天然記念物のオキチモズクが生息する志津川沿いにあり、河畔から湧く温泉は石で囲まれて、川の中で温泉が楽しめる。近くの立護山満願寺は、13世紀に北条時定が建立した祈願寺や天然記念物、文化財を有している。料理も地元で採れる山菜や魚などの食材をうまくいかしている。
 南小国町には、個性豊かな温泉がたくさんある。露天風呂めぐりのできる黒川温泉、夏にホタルの舞う田の原温泉、歴史ある満願寺温泉、そして自然が主役の小田・白川・扇温泉地も、春夏秋冬四季折り折りを楽しむことができる。

南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺の写真ギャラリー

  • 清流の森
    清流の森
  • 黒川温泉の街並み
    黒川温泉の街並み
  • 黒川温泉の街並み
    黒川温泉の街並み

南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺の見どころ

満願寺の史跡、景勝七滝、夫婦滝、清流の森(雀の地獄、奇岩群)、コスモス園、熊本緑の百景第一位・瀬ノ本高原、九重連山、ペトログラフ押戸石、天然記念物オキチモズク、金比羅杉、竹の熊大けやき。

南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺へのアクセス

JR豊肥線阿蘇駅より九州横断バスで40〜50分。

MAP 黒川

MAP 田の原

MAP 満願寺

南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺の泉質・適応症

泉質

(黒川)硫黄泉 (田の原)塩化物泉 (満願寺)単純温泉

適応症

(硫黄泉)アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症、(塩化物泉)きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、(単純温泉)自律神経不安定症、不眠症、うつ状態、(共通)筋肉、関節の慢性的痛み、こわばり、軽い喘息・肺気腫、痔の痛み、運動麻痺による筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、ストレスによる諸症状、耐糖能異常、軽い高コレステロール血症、病後回復期、疲労回復、健康増進

宿泊施設数と温泉地全体の収容力

53軒/2,300人

南小国温泉郷-黒川・田の原・満願寺に関する問い合わせ先

南小国町観光協会
0967-42-1444
南小国町産業振興課
0967-42-1111
ホームページ
  • おすすめの宿
  • スパテック(株)

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • ONSEN+
  • チーム 新・湯治
  • 格安ルスツ・札幌の旅
  • 地熱発電特集
  • 天栄村観光協会
  • 下呂温泉観光協会
  • 皆生温泉旅館組合
  • 湯原町観光協会
  • 日本秘湯を守る会
  • 第一回日本温泉名人認定試験温泉検定
  • 日本温泉協会 会員企業
  • みんたび 観光パンフレットはこちらから
  • バナー広告募集中 日本温泉協会 詳細はこちら