ながぬま | 日本温泉協会

ながぬま

北海道 ながぬま(ながぬま)

北海道夕張郡長沼町

ながぬま概要

北海道屈指の湧出量を誇る温泉

長沼町は、石狩平野の南端部に位置し、町全体の8割は広大な田園地帯で、2割が丘陵地となっている自然に囲まれた素晴らしい町である。
 町の中心からわずか2.5kmの所に、1分間に約2千リットル近いナトリウム-塩化物強塩泉が自噴するながぬま温泉がある。
 札幌から32km、車で約1時間の近距離にあるこの温泉の付近は、石狩平野を見下ろす小高い台地にあるため、田園風景、牧場、丘陵地帯が作り出す広大な景観を楽しみながら温泉に入れば、身体の疲れはとれて元気になること請け合い。アウトサイドに泊まるなら、温泉サイドにオートキャンプ場「マオイオートランド」がある。フリーテントはもちろん、AC電源付キャンピングカーサイト、コテージもあり、係員が常駐しているので安心して泊ることができる。
 さらに温泉地から5分程歩くと、農林省のコンクールにも入選した東庭園やパークゴルフ場がある。また、付近一帯はゆるやかな丘陵地になっているので、ハイジ牧場をはじめとする牧場が沢山あり、直接動物達とふれあう事ができ、訪れる人の憩いの場となっている。冬には長沼スキー場でスキーも楽しめ、年中通して利用できる屋内ゲートボール場もある。
このようにながぬま温泉は、小さな子供からお年寄りまで広く利用できる温泉である。

ながぬまの写真ギャラリー

  • 長沼温泉の温泉施設の外観
    長沼温泉の温泉施設の外観
  • オートキャンプ場「マオイオートランド」
    オートキャンプ場「マオイオートランド」
  • 長沼温泉の温泉施設の内湯
    長沼温泉の温泉施設の内湯

ながぬまの見どころ

東(あずま)庭園、「道の駅」マオイの丘公園、ハイジ牧場、馬追自然の森遊歩道。

ながぬまへのアクセス

JR千歳線北広島駅よりながぬま温泉行バスで30分。

MAP 

ながぬまの泉質・適応症

泉質

塩化物泉

適応症

きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、筋肉、関節の慢性的痛み、こわばり、軽い喘息・肺気腫、痔の痛み、運動麻痺による筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、自律神経不安定症やストレスによる諸症状、耐糖能異常、軽い高コレステロール血症、病後回復期、疲労回復、健康増進

宿泊施設数と温泉地全体の収容力

1軒/129人

ながぬまに関する問い合わせ先

長沼町産業振興課商工観光係/長沼町観光協会
0123-88-2111
ホームページ
  • おすすめの宿
  • スパテック(株)
  • 伊豆奥下田 観音温泉
  • 風呂空いてる君
  • 世界最強レベルの空気清浄機

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • ONSEN+
  • チーム 新・湯治
  • 地熱発電特集
  • 下呂温泉観光協会
  • 湯原町観光協会
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本温泉名人認定試験 温泉検定テキスト
  • 日本温泉協会 会員企業
  • みんたび 観光パンフレットはこちらから
  • 株式会社 日阪製作所
  • Datsumo Park
  • バナー広告募集中 日本温泉協会 詳細はこちら