温泉成分は10年ごとの定期的な分析が必要です | 日本温泉協会

温泉成分は10年ごとの定期的な分析が必要です

温泉成分は10年ごとの定期的な分析が必要です

2020年8月28日 公開

 温泉成分は10年ごとの定期的な分析が必要です。温泉分析書に記載されている「分析終了年月日」をご確認ください。館内の掲示内容(源泉名、泉質、温度、成分、禁忌症など)に変更が生じた場合は所管の保健所へ届出が必要となります。違反した場合は30万円以下の罰金が科せられますのでご注意ください。

 温泉の成分分析のご依頼は、温泉法に基づき各都道府県に登録されている分析機関となります。費用は分析機関によって異なりますが約10万円程度が見込まれます。
 ご不明な点がある場合は都道府県の温泉担当課へお問い合わせ下さい。

  • おすすめの宿
  • スパテック(株)

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • ONSEN+
  • チーム 新・湯治
  • 地熱発電特集
  • 下呂温泉観光協会
  • 皆生温泉旅館組合
  • 湯原町観光協会
  • 日本秘湯を守る会
  • 第一回日本温泉名人認定試験温泉検定
  • 日本温泉名人認定試験 温泉検定テキスト
  • 日本温泉協会 会員企業
  • みんたび 観光パンフレットはこちらから
  • バナー広告募集中 日本温泉協会 詳細はこちら