温泉と健康について | 日本温泉協会

温泉と健康について

温泉と健康について

2015年12月11日 公開

わが国では、温泉は古くから人々に愛されてきました。その歴史を見ると、病気やケガを治療する薬として利用されてきたケースが多いようです。現在は観光的な利用が主となる温泉地が多くなってきましたが、湯治的な利用が主となっている温泉地も結構残っています。

近年「健康」についての関心は高まってきています。動脈硬化や糖尿病などに代表される生活習慣病をはじめ、種々の病気にかかりにくくしていくための食生活やシェイプアップの方法などについて、テレビ等で頻繁に取り上げられたり、多くの出版物が刊行されたりしています。これは、いわゆる予防医学的な方法が脚光を浴びていると言えるのではないでしょうか。

温泉地においても、昔ながらの湯治場から心身の健康維持や健康増進のために温泉を活用するという試みが見られるようになってきました。

今回は、温泉と健康の関係について、取り上げてみることにします。西暦2000年を迎え、21世紀に向けて健康な生活を送るための一つの参考にして戴きたいと思います。
すでに「温泉と温泉地の効果について」と重複する部分もありますので、詳細についてはそちらを参照してください。

温泉の健康効果については、「温泉そのもの」「温泉以外の効果因子」に大別されます。

温泉そのものについては、入浴することによって得られる「物理的効果」と、種々の泉質によって異なる「化学成分による効果」そして、神経系統等にはたらきかける「変調効果」があります。

温泉以外の効果因子としては、日常生活と異なる環境に行くことによる「転地効果」や、バランスのとれた食事による「食事効果」、散歩やジョギングなどによる「運動効果」、入浴や運動後の適度な休養による「休養効果」などが挙げられます。

このような、温泉と温泉地の健康効果について、下に分かりやすく図示してみました。

次回は、温泉を利用して健康に取り組んでいる温泉地や施設について、いくつかの事例を取り上げます。

温泉と健康について01

  • おすすめの宿
  • スパテック(株)

国民保養温泉地一覧 国民保養温泉地とは?

  • 宿検索
  • 温泉検索
入浴設備
日帰り/宿泊
施設タイプ

検索する

キーワード

検索する

検索する

キーワード

検索する

  • ONSEN+
  • チーム 新・湯治
  • 地熱発電特集
  • 天栄村観光協会
  • 下呂温泉観光協会
  • 皆生温泉旅館組合
  • 湯原町観光協会
  • 日本秘湯を守る会
  • 第一回日本温泉名人認定試験温泉検定
  • 日本温泉協会 会員企業
  • バナー広告募集中 日本温泉協会 詳細はこちら